魔法のフライパンブログ

錦見鋳造株式会社

■□ 特別編 絶品!じゃこと水菜のイタリアンチャーハン □■

先日 ■□ 特別編 鮮魚イシモチのソテー □■ をご紹介いただいた、
名古屋市港区にあるイタリアンレストラン「Alcala」さん

イタリアンチャーハン6

今回は、リゾット用のお米を使ったという
『じゃこと水菜のチャーハン』を魔法のフライパンで作っていただきました!


【実況】

温めたフライパンに油を入れて、卵を入れます。
なんと、卵は割ってそのまま入れます。

溶き卵よりも、黄身が固まるのが遅いので、
ごはんにからみやすくなるそうです。なるほど!

イタリアンチャーハン1

黄身をつぶしたところに、ごはんを入れます。
使用したのは、リゾット用に炊いたお米。

ここです、ここが違います!イタリアンです!

イタリアンチャーハン2

卵とお米を混ぜたら、しばらく炒めます。
全体がパラパラになってきたら、具材を入れていきます。

まずは、じゃこ!

イタリアンチャーハン4

そして、ネギと水菜♪

イタリアンチャーハン5

具材が全体にまざったら、しょうゆをまわしかけて完成 (∩´∀`)∩

イタリアンチャーハン7

【感想】

ごはんパラッパラ 。+゚(*´∀`*)。+゚

バターの風味と玉ねぎの甘みがついたごはんに、
あっさりとした、じゃこ・水菜・ネギがベストマッチ!

イタリアンレストランのチャーハンということで、ピラフを想像した方もいるはず。
でも、これは紛れもないチャーハンです。

勝手ながら 「絶品!イタリアンチャーハン」 と命名させていただきます!

どうしてこんなにパラパラになるのか、マスターにお尋ねしたところ、
「リゾット用のお米だからかな」とのこと。

お米をバターで炒めているので、ひとつぶひとつぶに膜が出来て、
パラパラになりやすいそうです。なるほど~。

今回マスターが、このごはんの作り方を丁寧に教えてくれました。
そしてさらに、「ブログにのせてもいいですか・・・」と厚かましく聞いたところ、

「全然いいですよ」 とのお言葉。

マスター、なんて心が広いのかしら 。・゚・(*ノД`*)・゚・。

そんなありがたいレシピはこちらです↓



【リゾット用のお米の作り方】

まず、中ぐらいの玉ねぎをみじん切りにしたものを、
15~20gくらいのバターで、弱火でゆっくりと炒めます

玉ねぎが透き通ってきたら、お米を洗わず2合入れます
お米も透き通るまで炒めます

お米が透き通ってきたら、水をお米と同量くらい入れます
かためにしたいときは、水を少し減らします

水を入れたら、ざっと混ぜます(混ぜすぎは×)

混ぜたら、180~200℃のオーブンで15分炊きます

15分たったら、バットに移して広げます

冷めたら冷蔵庫で冷やせばOKです



おうちで作るのはちょっと手間がかかりそうですが、
興味のある方はぜひ、お試しください。

Alcalaさん、今回もありがとうございました!

Alcalaさんのホームページはこちらです → 「ほっこりイタリアン Alcala」

■補足

  Alcalaさんでは、その日の仕入れによって毎日メニューを決められています。
  今回ご紹介したチャーハンも、日によってはない場合があります。

■ ブログランキング参加中♪ → クリックありがとうございます♪人気ブログランキングへ クリックありがとうございます♪にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ クリックありがとうございます♪FC2ブログランキングへ
  「イタリアンチャーハンよかったよ~」という方は、ぜひ ポチッ とお願いします (・∀・)ノ

よろしければコメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません


Spam Protection by WP-SpamFree

下記のランキングに参加しています。
よろしければクリックしてください♪

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
  • レシピブログのランキングに参加中