魔法のフライパンブログ

錦見鋳造株式会社

『簡単スピード♪ 鶏メンチカツ』

以前に作った 『魅惑の麻婆豆腐』 で、たたいたお肉にはまってしまいました。

鶏メンチカツ

と、いうことでたたきました!今回は鶏をたたきました!

たたいても手早くできる、しかも簡単な

『鶏メンチカツ』 を魔法の北京鍋で作りました。


今回のレシピは、「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を参考にしました。


はしゃぐ上沼さんに対する、若林先生の冷静っぷりも見所です。


詳しい分量や手順はこちら → 鶏メンチカツ


【実況】

鶏のもも肉は皮を取り除きます。


大きい皮をべろーんと取る程度でOKです。


まず、粗く刻みます。


鶏メンチカツ1


このくらいになったら、包丁でたたきます!


食感を残すので、あんまり細かくならなくても大丈夫です。


鶏メンチカツ2


むきえびは背ワタをとって、粗く刻みます。


お肉よりも全然粗めです。


鶏メンチカツ3


ボウルに入れると、こんな感じ。


鶏メンチカツ4


分量の塩とこしょう少々を入れ、粘りが出るまで混ぜます。


んっ?


んっ?


塩の分量、間違えた Σ(・□・;)


実は、今回作っていたのは1人分。


しかし!塩をレシピどおり、2人分の分量入れてしまった・・・。


入れすぎた塩が、私の心と指のあかぎれにしみてきます(涙)


・・・まっ、いいか。


混ぜてしまった塩は、もう取り出せません。前に進むのみです。


気を取り直して、3等分します。


鶏メンチカツ5


3等分したものを、メダル型に整えます。


このとき、油ではなく水を少し手につけると、やりやすいです。


つなぎがなくても、十分まとまっています。


鶏メンチカツ6


衣用の卵は、水と油を大1ずつ入れて溶きほぐします。


水と油を入れることで、卵がさらっとします。


衣を薄くつけたいときには、こうするといいそうです。


鶏メンチカツ7


小麦粉 → 卵 → パン粉を順番につけます。


鶏メンチカツ8


魔法の北京鍋に揚げ油を入れて、170℃に熱します。


いよいよ、揚げます!


最初は、しばらく触らずに様子を見ます。


鶏メンチカツ9


2分たったら、裏返してもう2分揚げます。


パチパチする音が高くなるのが目安です。


鶏メンチカツ10


いつもながら、揚げ物はカリッと揚がります♪


鶏メンチカツ11


切ってみると~


鶏メンチカツ12


お~それぞれのごろっと感がたまりません ジュルッ


お好みの野菜と盛り付けて完成 (∩´∀`)∩


【感想】


たたいたお肉、最高 。+゚(*´∀`*)。+゚


粗くたたいたお肉の食感が、とってもおいしいです!


さらに、ごろっと入っている海老の食感とうまみも最高。


衣を薄くしたことで、味が前に出ています!


この日は1人晩ごはん、さらに帰宅は8時半。


夜の9時に、自分のために肉をたたく私・・・。


その努力は報われた 。・゚・(*ノД`*)・゚・。


でも、ちょっとショッパイ…


それは、自分のせいです


分量間違いはさておき、


お肉をたたくのは少し手間ですが、材料も少なくて簡単に出来ます。


夜の9時からたたいても、9時半には完成します(笑)


ぜひ、みなさんもたたいたお肉を堪能してみてください!


■ ブログランキング参加中♪ → クリックありがとうございます♪人気ブログランキングへ クリックありがとうございます♪にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ クリックありがとうございます♪FC2ブログランキングへ
  「鶏メンチよかったよ~」という方は、ぜひ ポチッ とお願いします (・∀・)ノ

よろしければコメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません


Spam Protection by WP-SpamFree

下記のランキングに参加しています。
よろしければクリックしてください♪

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
  • レシピブログのランキングに参加中