魔法のフライパンブログ

錦見鋳造株式会社

『シンプルだけど奥が深い!海老の甘酢炒め』

炒めものって、シンプルだけど奥が深いですよね〜。





海老だけを使った、シンプルだけど工夫がいっぱいの、


『海老の甘酢炒め』 を、魔法の北京鍋で作りました。



今回のレシピは、朝日放送「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を参考にしました。


詳しい分量や手順はこちら → 海老の甘酢炒め


【実況】


テレビではむきえびを使っていましたが、


殻付きを買ってきたため、まずはひたすら



殻を剥いて、背わたを取ります  (;・∀・)



むきむき、むきむき、そして竹串で背わたをスーッと抜いたら、


ボウルに入れて、塩、かたくり粉、水も加えて、






ボウルの中で、もんで洗います (・∀・)ノ



こうすると、えびの臭みが取れます。


もんで汚れが出たら、水で洗ってペーパータオルの上におきます。





これを手前から、



クルクルクルッと






巻いて水けをきります (・∀・)ノ



さて、ここまでいろいろされた海老ですが、


まだまだ試練は続きます(笑)


まな板の上に海老をおきます。





包丁の腹をあてて



ぐっと押さえつけます (・∀・)ノ



すると・・・







ちょっと気の毒な感じがしますが、


こうやって少し平らにつぶす事で、


火が通りやすくなり、味もよくからみます。


平にした海老を、きれいにしたボウルに入れます。





下味を加えて混ぜておきます。


味付けの調味料は、最初に全部混ぜ合わせておきます。





ショウガとにんにくはみじん切りに、


長ねぎとレタスは細切りにして、



やっと下ごしらえ終了 (*´Д`)=3



今回は海老だけで勝負なだけに、



手は抜けません m9(。+・`ω・´)



さあ、ここからは手早くいきましょう!


魔法の北京鍋を十分に熱したら、


油を入れて一旦火を止めます。


全体に油をなじませたら、再び火をつけ強火にし、


海老を入れます。





両面が赤くなって、火が通りきる手前で取り出します。





北京鍋に油を少し足して、


しょうが、ニンニクを弱火で炒めて、香りを出します。


・・・完成が近づき、気が緩んだのか



この部分の写真無し Orz・・・



香りが出たら、海老を戻し入れます。





強火にして、全体をざっと混ぜます。


合わせておいた調味料を加えながら、からめていき、


長ねぎを加えます。





さっと混ぜ合わせたら、


レタスをしいた器に盛り完成 (∩´∀`)∩





【感想】



海老が、ぷりっぷり〜 。+゚(*´∀`*)。+゚



一旦取り出して、


最後調味料を加えながら火を通した海老は、



食感が最高 (・∀・)v



ものすごくプリップリで、


食べ応えがあります!


そして、



味付けも絶妙 m9(。+・`ω・´)



砂糖も酢も、味加減がバッチリです♪


シンプルな炒めものですが、



手間をかけた味がします(笑)



作り方を一緒に見ていた家族も、



「 思った通りウマいな〜 。+゚ヽ(´∀`*)ノ。+゚ 」



と、大絶賛でした♪


シンプルだけど奥が深い海老炒め、


ぜひ、お試しください (・∀・)ノ



■ こちらのブログランキングに参加中です → クリックありがとうございます♪人気ブログランキングへ クリックありがとうございます♪にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
   「海老炒めよかったよ〜♪」という方は、ぜひ ポチッ とお願いします m(_ _)m

   携帯の方はこちらからお願いします ↓
   "人気ブログランキング"  "ブログ村 家庭料理"




今回は、魔法の北京鍋 27cm を使用しました。

よろしければコメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません


Spam Protection by WP-SpamFree

下記のランキングに参加しています。
よろしければクリックしてください♪

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
  • レシピブログのランキングに参加中